MENU

全身脱毛はシェービングも含めたトータル費用で考えよう。

光脱毛でもレーザー脱毛でも、照射を受ける前にムダ毛を剃っていくのが基本ルールです。

 

肌より出ている毛があると、肌にも熱が伝わってしまうため、毛根まで届かずに、効果が薄くなってしまうことと、肌を傷めるリスクが高くなるためです。そのためしっかり剃ったほうが痛みも少なくなります。

 

全身脱毛では、自分で見えないところもあるわけですから、自身では剃れないところもあります。シェービングサービスがない脱毛サロンでは、家族に剃ってもらうしかないことになります。

 

また剃ったつもりでも、あるていどは剃り残しは出てしまうものですから、もし照射する時にそり残しが有ったら、どうするかという問題が生じます。

 

これは、サロンそれぞれの対応が異なります。シェービング無料のところもあります。その逆に有料でシェービング、または全くサービス自体無く、そのまま照射してしまう、あるいはその部分は避けて照射するというものです。

 

有料の場合は、1000円前後が多いですが、中には4000円ぐらいするシェーバーを購入すればその場で剃るというところもあります。つまり剃り残しがあるたびに脱毛料金以外の費用がかかるということになります。

 

シェービングサービスは一切なしのところでは、自分でシェーバーを持参して、指摘された部分を剃れば照射してくれるというところもあります。ただし、背中など見えないところは不可能ですよね。

 

また、剃り残しをかまわず照射したり、照射を避けたりする場合は、その部位だけ脱毛できずに残ってしまうわけですから、再度その部分を脱毛する契約をしなければならなくなりますので、有料のシェービングサービスよりもコストがかかってしまう恐れがあります。

 

このように、シェービングで余計な費用が発生する可能性があるため、脱毛料金以外に、シェービングサービスについて知っておくことが大切だということが分かります。

 

特に全身脱毛でしたら、何度も通うわけですから、剃り残しが何箇所もあると、たくさん余分な費用が発生してしまうことになります。

シェービングサービスの比較

人気のある脱毛サロンのシェービングサービスについての比較をしてみました。大分には店舗がないところも比較対象としています。

 

エタラビ シェービングは無料。衛生上VIOはシェービングしない
キレイモ 回数保証パックでは剃り残し無料。月額制は1回1000円
恋肌(こいはだ) うなじ・背中・おしりなど背面は無料。それ以外は800円
ラット・タット シェービングは無料ただし、衛生上VIOはシェービングしない
シースリー 背面は無料。それ以外にも沢山あれば剃り残しは避けて照射
銀座カラー シェーバーを持参すれば剃り残しを剃ってもらえる。店内でもシェーバー有料販売
脱毛ラボ 剃り残しシェービング1000円、VIOは1500円、自己処理していても、剃り残しがあるとして費用を取られること多く不評

ページ上へ戻る | HOME

なぜシェービングしてくれないの?

脱毛の剃り残しシェービングについては、なぜか年々厳しい対応になっています。

 

この理由は定かではありませんが、無料だった時に、剃り残しどころか、剃ってもらえるからということで、自己処理しないで行く人が沢山いたせいだという人もいますし、シェービングは、理容師の資格がないとほんとうはダメだからなんじゃないかと言われることもあります。

 

真相は分かりませんが、予約が取れないほど人気の脱毛サロンもあり、シェービングまでやっていたら、回転率が悪くなり、対応できる人数が減ってしまうので、買い手化率を上げるためにも基本、無料シェービングをしないようになってきてという理由もあるのではないかと思います。

 

全身脱毛はますます人気で、需要が増えていますから、一人にかかる時間を減らして、回転率を上げ、予約が取りないというクレームを減らし、また乱立する脱毛サロン同志の価格競争にも対応するためだとも推測できます。