MENU

全身脱毛方法の種類

脱毛の種類

電気針脱毛(ニードル脱毛)・レーザー脱毛光脱毛(フラッシュ脱毛)の3つが主な脱毛方法です。
それぞれに特徴がありますが、脱毛専門サロンとエステでは、現在は広い意味で光脱毛が主流です。

 

広い意味というのは、光を当てて脱毛する光脱毛でも、照射する光源の種類や、機械によって、別の名前を使っている場合があるからです。点滅するタイプの光脱毛器はフラッシュなどと表現している場合があります。

 

いずれにせよ黒い部分に集まる説質を持つ光を照射し、毛根周囲の組織を破壊して脱毛するという基本原理はほとんど同じです。

 

レーザー脱毛でも、痛みの少ないものや、日焼けした肌でも効果があるものなど、色々なタイプのものも登場しています。

 

光もレーザーも色々なタイプのものがありますが、どれが一番すぐれているのかは評価するのは困難でが、基本的には最新のマシーンがより優れていると考えていいと思います。

 

ただ基本的には体質や照射の仕方などによって効果が異なってくるので、誰かが口コミで、こちらのものは効果があったが、あちらのものを効果がなかったと言ったとしても、それがあなたにも当てはまるわけではないので注意しましょう。

 

また、優良な脱毛サロンやエステであれば、効果がなければ返金するなどの保証を設けているはずですので、あらかじめ効果か全くなかった場合の保証について契約前にしっかりと確認しておくといいでしょう。

 

それぞれの脱毛方法の特徴

光脱毛

髭脱毛

レーザーと比べると出力が低く毛根周囲の組織を破壊する時の温度も低いためとても痛みが少ない点が人気の秘密です。

 

脱毛効果があったとしても、辛くて通うのが嫌になってしまったら脱毛完了までたどり着けませんね。。
ずっと以前実ニードル脱毛が主流であったころは、それが理由で脱毛途中で挫折した人が多くいたのです。

 

安全面で言うと、レーザーよりも出力が低いため火傷の心配など肌へのダメージのリスクが低いという点もあります。以前エステでもレーザー脱毛が行われていた時は、火傷のトラブルが多く、それで問題になって、医療機関のみしか扱えなくなってようです。

 

ただし光脱毛でも出力の調整具合や肌の状態によっては、火傷することもありますので、その危険がゼロとはいえません。そのため多くの場合脱毛サロンやエステはたいてい医療機関と提携して、万が一の時に備えをしています。

 

電気美容脱毛(ニードル)

髭脱毛

今もこの方法で脱毛できるのは、TBCぐらい敷かないと思います。毛穴に器具を挿入し、微弱な電気で組織を破壊して脱毛する方法です。

 

一番古くからおこなわれている方法で、その脱毛後の維持力は、光脱毛以上です。レーザー脱毛比べても効果が高いと個人的には思っています。

 

しかし問題点はとても痛いということです。よほど我慢強い方だったとしても、全身脱毛をこれでするというのはかなりきついでしょう。

 

今は、特にしつこく生えて来る部位や、光脱毛では脱毛しきれなかった部位にこの脱毛方法を利用して完全に脱毛するという方法で利用するのがベストでしょう。

 

レーザー脱毛

髭脱毛

美容電気脱毛ほどではないにしても、痛みはけっこう強く出ます。痛みの種類は光と同じようにゴムではじかれたような痛みです。

 

ただし、その痛みは光脱毛の倍どころか3倍以上だと私は感じました。

 

デリケートゾーンなど肌がうすく痛覚がおお部位では、麻酔無しで照射を受けるのはかなり辛いものてになります。これは光脱毛でも結構痛い場合があります。

 

出力が高く、肌の奥まで届くので、照射回数は光よりも少ないすみます。回数が少なくて済む分1回あたりの料金が高いためにトータルでコストは光脱毛よりかかります。

 

しかし、最近はリーズナブルなクリニックも出てきているので、その差は以前より少なくなったといえます。
ただし、サロンより高い料金が取れるということで、医師の名前だけ借りてやっているようなクリニックが問題になったりしていますので、実績や知名度の高いクリニックを選ばないと危険です。

 

全国展開しているようなクリニックは脱毛サロンと比べて少ないので、地方都市では近くに優良なクリニックがないこともあります。

 

もう一つの弱点としては、医療機関の場合、脱毛サロンのようにクーリングオフ制度が適用されません。一度契約したら解約できない場合もあります。途中解約が保証されているクリニックを選んだ方が無難です。

 

光脱毛とレーザー脱毛で迷ったら

髭脱毛

気軽に長く続けられるという意味では光脱毛を私はお勧めします。

 

特に全身脱毛する場合は痛みつよいVIOなどはつらいので、麻酔などをオプションで選ぶことになるかもしれません。その分オプション料金もかかり、光脱毛よりもかなりトータルコストがかかるでしょう。

 

それでもその価格差は縮まっていますので、少し料金が高くなっていいい、痛みには強い方だという方は、レーザー脱毛もいいと思います。

 

ただ少しでも早く脱毛結果を得たいと思うのでしたら、レーザー脱毛もいいと思います。いきなり全身脱毛をするのでなく、ワキ脱毛など一部位を試してみて、痛みの強さを確認して大丈夫だと確認してからの方がいいでしょう。

脱毛方法について関連ページ

脱毛前の準備
脱毛の施術を受ける前の準備についてまとめています。前日までにやってはいけない事しておくべきこと名で
光脱毛の種類
光脱毛は細かく分けると一つではありません。SSC脱毛、IPL脱毛の主な光脱毛の違いについてまとめています。この二つはジェルの使い方や痛みの違いなどもあります。