MENU

光脱毛の種類

光脱毛は1つではない?

光脱毛は欧米で開発され、評判が高まったことから、日本でも導入されるようになった方法です。

 

そのため当初は海外産のマシーンがほとんどでした。今では、国産のマシーンもたくさん登場してきていて、国内マシーンを使う脱毛サロンが増えています。
その他め複数のメーカーがあり、その脱毛マシーンの脱毛方法で呼ばれるため、光脱毛という呼称を使わない脱毛マシーンもあります。

 

例えば、光が断続的に点滅するマシーンでは、フラッシュ脱毛などという場合もあります。そのため分かりにくくなっていますが、出力的に医療機関にしか許されない光を集約したレーザー脱毛かそうでない光を照射する光脱毛かの2つに大別することができます。

 

サロンやエステが独自につけている名前は独自性をアピールしたいだけですので、あまり気にせず、効果が出ているものであれば問題ないので、エステや脱毛専用サロンの光を当てる脱毛は光脱毛とひとくくりにしていいと思います。

 

但し、知っておきたい違いとして、除毛効果や痛みの軽減、肌を守るために冷たいジェルを塗ってから光を当てる脱毛機と、脱毛機自体に冷却効果を持たせてジェルを塗らずに照射するタイプの2つがあることです。

 

ジェルがべたついて嫌だという人には、ジェルなしで脱毛できるところがいいでしょう。

 

脱毛後帰宅するだけでなく、どこかへ出かける人、脱毛してから出社する人などにとっては大きな違いです。

 

しかし冷たさが嫌と言う人には、ジェルを使う場合もジェルを使わない場合も、別の方法で冷却はするので結局のところ同じです。
脱毛の際に塗るジェルが冷たくないようにしているところもありますが、照射後のクールダウンはやはり必要だと思います。

 

S・S・C脱毛

イタリアで研究開発された美肌効果が期待できる方法で、「スムーススキンコントロールメソッド」いうものの略称です。
S・S・C脱毛では照射する光はクリプトンライトという光で、脱毛効果をたかめるビーンズジェルというジェルを使用します。

 

光の熱だけで脱毛す目のではないため、「光脱毛」ではないといっている脱毛サロンもあります。

 

IPL脱毛

インテンス・パルス・ライトという光を使用して行う施術方法で、ジェルはサロンが独自で選んでいることがおおいようです。
それ以外の独自開発の光脱毛器やジェルを使用している脱毛サロン、エステもあると思います。

 

S・S・C脱毛より痛みをつよく感じると思います。VIOなどでは痛みを結構感じる人もいます。

 

国産の光脱毛マシーンもこのどちらかのタイプの光組み込んだものとなっています。国産マシーンは日本人向けに進化をして行っているようです。

 

ページ上へ戻る | HOME

光脱毛の種類関連ページ

脱毛方法について
エステやサロン、美容皮膚科などで行われている脱毛方法についてその違いなどをまとめてみました。
脱毛前の準備
脱毛の施術を受ける前の準備についてまとめています。前日までにやってはいけない事しておくべきこと名で